TOP PAGE > Mpac+Dive プロダクトページ
TOP2-02-02-02.jpg

TOP.png 
● mpac+Diveは公的試験機関(KOLAS)にて水深200m相当の圧力に耐える認定を受けた、防水スマートフォンケースです。(IP68)

● mpac+Diveは水深30mでのスマートフォン操作が可能です。

● 写真撮影、動画撮影、音楽再生やコンパスなどのアプリ利用をお楽しみください。

● カメラ利用時には付属の赤いプレートをレンズにかざすことで、水中で減衰してしまう赤系色の補正効果を得ることができます。

● ケース前面に入っている特殊ゲルにより、圧力下での画面操作が可能となっています。

● 販売価格:mpac+Dive \8,000+税

 


 

■ 使用手順 

動画をご覧になりたい方は、下記よりご確認ください。

動画と合わせて、必ずテキストの説明文と注意事項をご確認ください。

 

 

1. 

mpac+1-1.jpg

2. 

mpac+2-2.jpg

1. ご使用前には必ず、乾いた布や紙を防水ケース内に入れ、水を張った容器に沈めてください。

商品に穴や問題がある場合、内部の布が濡れるか、外側に気泡が現れますので、使用を中止してください。

2. スマートフォンは事前にロック・スリープモード解除を行い、水中での電池の消耗を抑えるために機内モードに設定してください。

 

3. 

mpac+3.jpg

4. 

3. ケース内でスマートフォンがずれないように、付属の固定パッドの粘着面にスマートフォンを貼り付けます。

4. レンズ面が赤いプレート側になるように、防水ケースに挿入します。レンズは入口に対して、下側になるようにセットしてください。

 

5. 

mpac+1-1.jpg

6. 

5. 内部の空気を軽く押し出してから、黄色ベルクロを丁寧に巻き取り、同色のベルクロに付け、次に白いベルクロ同士をくっつけます。

6. レンズに赤いプレートがかぶさるように調整します。

7. (ケースに入れた状態で)事前に陸上でカメラなどが問題なく起動できるかチェックを行ってください。ケースのゲルにより操作しにくい場合がありますが、水中では水圧で解消されますので問題ありません。

 

8. 水中に持って行く際はBCに入れるなどして、強い衝撃が加わることがないようにしてください。

 

9. 使用後は水分を良く拭き取り、ベルクロ面を下にしながら、スマートフォンが濡れないように取り出してください。

 

10. 海水に触れた箇所は真水で良く洗い、ケース本体に破損が無いかチェックしてください。

 


 

■ 注意事項

 

● 操作可能水深は目安であり、その機能を保証するものではありません。

● スマートフォンの保護シートを外した状態での使用を推奨しております。保護シートの厚さや素材によっては十分な操作性を得られないことがあります。

● タッチパネルの操作感度は、スマートフォンの機種、保護シート及びその他の環境によって異なります。

● 尖ったものや固いものなどの衝撃は、防水ケースの破損や水没の原因となりますので、十分に注意して取り扱ってください。

● スマートフォン本体の耐圧性は機種を問わず水深100m/hです。ただし、本体に傷や劣化がある場合はその限りではありません。

● 「使用手順」および「注意事項」をよくお読みになり、その内容を順守してください。

● 製造上の欠陥と認められる原因により不良が発生した場合は、ご購入後一年以内に限り製品を無償交換いたします。必ず事前に水槽検査を行ってください。

● 万が一の水没に備えて、ご使用前にバックアップを取ることを推奨いたします。
● 緊急時水面で電話が使えますが、防水ケースに近接センサーが反応して画面が消える可能性がございます。
また水音などで聞こえない事もありますので、飽く迄緊急措置として捉えてください。

 

【お問い合わせ先】

株式会社モビーディック モビーズ事業部

sales@mobby.co.jp/045-664-7650(平日:10時~18時)

 

facebook