COMPANY HISTORY

沿革

1975年 有限会社東北ダイビングセンターとして法人化(資本金170万円)
1980年 ダイビング用特殊手袋「アクアローブ」を開発し約20ヶ国へ輸出
1982年 工場移転、マリンレジャー用ウエットスーツの製造を開始
1983年 国内初のウインドサーフィン用ドライスーツを開発
1984年 販売部門を株式会社モビーディックとして分離独立(資本金500万円)
1985年 神奈川県に株式会社モビーディック関東支社を開設し本格的に全国販売を開始
1988年 株式会社モビーディック本社を東京都渋谷区に移転
ダイビング用ドライスーツ「ツインシェル」で日米の特許を取得
米国のダイビング専門誌でMOBBY’Sが「ベスト・ウエットスーツ」を獲得
1990年 有限会社東北ダイビングセンターの資本金を2,000万円に増資
1991年 株式会社東北ダイビングセンターとして組織変更
1992年 株式会社東北ダイビングセンターの資本金を5,000万円に増資
株式会社モビーディックの資本金を2,000万円に増資
1995年 工場移転
旧工場跡地に直営店を開店
アメリカでの販路拡大を目的として現地法人MOBBY’S USA INC.を設立
株式会社東北ダイビングセンターと株式会社モビーディックを合併(資本金6,300万円)
1997年 米国オニール社とライセンス契約締結
1999年 営業本社を横浜市金沢区に移転
2000年 資本金を8,300万円に増資
ヨーロッパでの販路拡大を目的として現地法人MOBBY’S EUROPA S.R.Lを設立
東北地域創造的企業活動推進協議会より「東北ベンチャーランド奨励金」交付
2002年 MOBBY’S USA INC.を解散し代理店に委託
2003年 衣服解剖学に基づくウエットスーツを開発し、運動性とフィッティングを飛躍的に改善
2005年 大阪市中央区に事務所を開設
財団法人七十七ビジネス振興財団より「七十七ビジネス大賞」を受賞
2006年 MARES S.p.A.と包括的なパートナーとして業務提携
世界初のウエットスーツ専用3次元自動採寸機を浜松ホトニクス社と共同開発
MOBBY’S EUROPA S.R.Lを解散しMARES S.p.A.に委託
営業本社を横浜市桜木町に移転
2008年 石巻商工会議所より「いしのまき大賞」を受賞
経済産業省から「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に選出
2009年 CAM(コンピューター自動裁断機)導入
みやぎ工業会らによる認定制度「みやぎ優れMONO」の第1号認定品にMOBBY’Sのダイビングウエットスーツが認定
2010年 財団法人みやぎ産業振興機構より「宮城・仙台富県チャレンジ応援基金事業助成金」交付
全国中小企業団体中央会より「平成21年度ものづくり中小企業製品開発等支援補助金」交付
2011年 フィッシング用品事業とウエットスーツの端切れを活用したアクセサリー事業を開始
マレス事業を分離しMARES S.p.A.と合弁会社マレスジャパン株式会社を設立(資本金14,000万円/出資比率42.86%)
2012年 東日本大震災で被災したグループ会社2社とともに
「中小企業等グループ施設等復旧整備補助金」の交付を受け、
本社近隣所有地に3社合同の工場・倉庫施設を再建し操業を開始
極東アジア市場開拓により従来の韓国、パラオに加えて中国へ出荷開始
2013年 経済産業省より「新事業活動促進支援補助金」交付
(事業計画名:高精度3D個人体形再現ソフトウエアとその活用基盤の開発)
独自開発の新しいジッパーレイアウト構造によるドライスーツ“T4”を発売開始。
台湾、香港およびイタリアへ出荷開始
2014年 極東ロシア(ウラジオストク)へ出荷開始
株式会社商工組合中央金庫「グローバルニッチトップ支援貸付制度」(経済産業省支援)の選定を受ける
2015年 ドイツBALZER社と代理店契約を再締結し出荷開始
タイ国へ出荷開始
マレスイタリア本社との合弁会社「マレスジャパン株式会社」解散
アメリカ・オレゴン州に完全子会社「MOBBY’S LLC」事務所開設
2016年 日本の政府開発援助(ODA)の無償資金協力「中小企業ノン・プロジェクト無償」に係る入札の結果、
商社を通じてセルビア国向けの災害対策用スーツを受注し納品する
2017年 アメリカ・DUI社と、商品開発や相互商品の販売などを含む包括的業務提携を締結
2019年 カナダ・P.S.I社とMOBBY’S製品の販売代理店契約を締結

COMPANY CONTENTS